ノマドのブログ

場所や時間にとらわれない働き方、ブログ運営やアフィリエイト、ライティングテクニックなどなど。

はてなからWPに引っ越す人におすすめ!初心者向けレンタルサーバー4社

はてなProを独自ドメインである程度ブログ運営したら、いよいよ、ワードプレスへお引っ越し、というとき、問題になるのはレンタルサーバーです。

 

ワードプレスでブログ運営するには、レンタルサーバーは必須ですが、サーバーと言ってもたくさんの会社があり、どこにすればいいのか迷いますよね。

 

今回は、はてなProからWPへのお引越しで、初心者にも使いやすいおすすめレンタルサーバーをピックアップして紹介します。

 

以下紹介するサーバーは、すべて私が実際に使ってみて、おすすめするサーバーです。お引越しを計画している人は参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

 

 

初心者のレンタルサーバーの選び方ポイント

f:id:hanagardener:20170713002611j:plain

はてなProを独自ドメインで運営している人が、WPへブログを移転させるとき、必要となるのがレンタルサーバーです。

 

ワードプレス初心者のためのサーバー選びで気をつける点は、次のようなポイントをチェックするべきでしょう。

 

  1. 初心者でも使いやすい管理画面
  2. ワードプレスの簡単インストール機能
  3. 無料試用期間の有無
  4. 操作やブログ表示スピードと稼働率
  5. セキュリティ対策

 

絶対ではないけど、人によっては気にしたいポイント

  • 独自SSLに対応しているかどうか
  • データベース数の制限(WPブログの複数運営には重要)
  • コストパフォーマンス

 

初心者にとって使いやすいサーバーとは?

サーバーを始めて契約する場合、まず初心者フレンドリーかどうかは非常に大切です。管理画面が使いやすいかどうかはもちろん、ワードプレスの簡単インストール機能が付いているかどうかは必ず確認しましょう。

 

また、無料試用期間がついているサーバーをおすすめします。使用期間の日数はサーバーによって異なりますが、だいだい10日~30日となっているケースが多いです。

 

ただし、中には、無料お試し期間がまったく設定されていないサーバーがあります。これは、2社目のサーバー契約ならともかく、初心者は選ぶべきではないと、私は考えます。

 

 

自分のブログ運営方針とサーバー選び

次に、WPブログをどのように運営していきたいかによっても、サーバーのスペック優先順位が変わってきます。

 

ドメイン数とデータベース数

もし、WPブログを複数運営したいのであれば、登録できるドメイン数とデータベース数を確認してください。基本的にワードプレスブログ1つにつき、データベースを1つ必要とします。

 

ですので、データベース数が3しかないプランだと、WPブログを最大で3つまでしか運営できないということになります。

 

独自SSLが無料で利用できるか

さらに、今後ブログを常時SSLで運営したいという人は、無料で独自SSLが利用できるサーバーを選びましょう。Googleは、SSL化されているブログの方を有利に評価すると公言していますので、SEO対策を考えるならここも重要なポイントです。

 

コストパフォーマンス

また、費用という点が気になるという人もいるでしょう。初期費用、月額使用料などを確認して、自分の予算に合っているかどうか確認します。

 

ブログで稼ぎ続けるために大切なポイント

ブログで安定して収入を得るためには、サーバーの対応スピードやセキュリティ対策、稼働率も重要です。

 

これらに関しては、はてなブログを利用している限り、自分ではコントロールできないポイントですし、セキュリティ対策もはてな側の責任でした。

 

しかし、WPを自分で運営する場合は、すべて自己責任となります。セキュリティ対策がしっかりと行われているサーバーを選ぶこと、ブログの表示スピードや稼働率に関して信頼できそうなサーバーを選びましょう。

 

WP初心者におすすめなレンタルサーバー4社

以上のことを踏まえて、私がこれまで使ったことのあるサーバーでおすすめなのは次の4社です。4社とも共通しているのは、初心者にも使いやすい管理画面、WP簡単インストール機能付き、高い稼働率です。

 

MixHost

比較的若いサーバーですが、スピードが速くサクサクと作業ができます。管理画面は直感的に使えるよう工夫がされていて、ドメイン、データベースともに無制限。WPブログをいくつでも作成し放題です。

 

エコノミープランが最も安いですが、おすすめはデータ容量30GBまで使えるスタンダードプラン(月額980円、初期費用無し)です。このプラン、2017年7月10日より、20GBが30GBへと増量されました。

 

無料試用期間が30日間設定されていて、使用開始時にクレジットカードの情報入力の必要もありません。

 

無料独自SSLが利用可能で、設定も簡単。マニュアル完備、メールサポート対応です。アダルトサイトも可。

 

 

エックスサーバー

多くのブロガーやアフィリエイターに人気のサーバーです。x10プランでデータ容量200GB。スピードの速さと稼働率の高さ(99.99%!)で評判です。

 

ワードプレスブログは最大50個まで作成できます。無料独自SSL利用可能。

 

金額は契約期間により異なりますが、x10プランで最低月額900円から、初期費用3,000円かかります。

 

無料お試し期間は10日間。メールサポートに加えて電話サポートもあります。

 

 

 

スターサーバー

スターサーバーは、2017年8月にサービス開始したクラウド型レンタルサーバーです。 といっても、若くて頼りないサーバーというわけではありません。

 

格安サーバーとして人気のミニバードやファイヤーバードを運営するネットオウルグループのサーバーですので、その機能は安定していますし初心者にもやさしいです。

 

低コストでワードプレスブログが運営できて無料独自SSLが使用できます。プランは5種類ありますが、ワードプレスブログを複数運営するなら、月額500円のスタンダードプラン(初期費用1,500円)がおすすめ。

 

2週間のお試し期間がついています。

*厳密に言うと、このサーバーは新しいサービスなので私は使ったことがありません。ただ、ミニバードは以前から使用しており、とても気に入っているサーバーの一つです。

 

 

ロリポップ

初心者に人気のサーバーです。今回2017年7月11日より、独自SSLが無料になりました。

 

プランがいくつかありますが、おすすめは月額500円のスタンダードプラン(初期費用1,500円)。ディスク容量120GBで、ワードプレスブログが最大30個まで作成できます。

 

もちろん、ワードプレス簡単インストール付き。スタンダードプラン以上であれば電話サポートもあります。10日間の無料お試し期間付き。

 

  

 

はてなからWPへの引っ越しは早い方がいい

以上、私がおすすめする初心者向けのレンタルサーバー3社でした。

 

ただし、はてなProからワードプレスへの引っ越しは、かなり面倒です。記事数が多くなれば多くなるほど、移転作業量も増えますので、WPへの引っ越しを考えている人は、できるだけ早い段階で行動するのがおすすめです。

 

また、はてなとは別にいきなりワードプレスで新しいブログを作ってしまうというのも、一つの方法だと思います。

 

はてなとWPブログを並行して運営できれば、ブログ収入のリスク分散にもなりますし、もしWPが合わないと感じたら、無料試用期間中に料金を支払わなければ、契約には至りません。

 

スポンサーリンク

 

 

ホームへ戻る

スポンサーリンク