主婦ノマドのブログ

場所や時間にとらわれない働き方、ブログ運営やアフィリエイト、ライティングテクニックなどなど。

ウェブライターって本当に初心者でもできる?

ウェブライターをやっているというと、「難しいそう!」「文章を書くのって苦手!」という反応をされることがあります。ライターというと、何となくとてもプロフェッショナルな風に聞こえるためでしょうか。

ウェブライターには興味あっても、「私にできるかしら」と不安に思っている人は多いのかもしれません。今回は、本当に初心者でもウェブライターになることは可能かどうかについて、書いてみます。

スポンサーリンク

未経験の初心者でも採用される?

f:id:hanagardener:20180727013449j:plain

初心者ウェブライターの人は、クラウドソーシングや、文章作成副業サイトに登録することをおすすめしています。それは、これらのサイトなら未経験でも仕事を受注できるからです。

登録して仕事を検索してみれば、「未経験でもOK」という案件はとてもたくさんあります。もちろん、他の「プロフェッショナル求む」といったものよりは、報酬単価が低く設定されている場合が多いです。

しかし、まったくの初心者で経験がゼロでも、何かしら仕事を見つけることができるのが、ウェブライターなんです。

文章作成は難しい?

f:id:hanagardener:20180727013512j:plain

他人に読ませる文章や記事を書くというと、特別な技術が要ると思われるようです。しかし、ウェブライターという仕事は、そこまでスキルが無くても大丈夫なんです。

小説家のように、表現に独創性が必要ということもありません。

ウェブライターというのは、主にウェブサイトに掲載される記事を書くのが仕事ですので、独創性というよりも「わかりやすい」「読みやすい」ということが大切なんです。

それに、仕事の案件もさまざまで、必要とされる文字数もかなり差があります。短いものだと100文字というものもありますし、長いものは5,000文字という、ちょっとした書籍程度の案件も見かけることがあります。

初心者ウェブライターで、執筆スキルに自信がない場合は、文字数の少ないものから始めてみると良いでしょう。

ウェブライターに向いているのはこんな人

f:id:hanagardener:20180727013555j:plain

とはいえ、何事も向き不向きがあります。性格的にウェブライターに向かない人もいます。

ウェブライターとして、向いているのはこんな人でしょう。

  • 数時間パソコンに向かっていても苦にならない
  • ネットで調べ物をするのが好き
  • 学生時代や仕事でレポートを書くのが好き
  • 一人でコツコツ作業をするのが好き

また、クライアントに歓迎される人という観点からは、きちんとしたビジネスメールが書ける人や、時間や締め切りを守ることができる人が向いています。

ライティングスキルは仕事をしながら鍛える


初心者でも本当にライターはできる?‐初めてのウェブライティング入門(4)

もちろん、経験を積んでスキルが向上すれば、記事単価の良い案件も引き受けることができますし、クライアントの方からスカウトが来ることもあります。

そうやって、稼いでいるウェブライターも最初はみんな初心者でしたし、仕事をしながら自分の執筆スキルを磨いていったのです。

ウェブライターは、初心者でも難しいものではありません。気負うことなく、気軽にチャレンジしてみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク