主婦ノマドのブログ

場所や時間にとらわれない働き方、ブログ運営やアフィリエイト、ライティングテクニックなどなど。

ライターとしてスキルアップするための方法

ライターとして仕事を始めたら、その単価の低さにびっくりするかもしれません。はっきり言って、経験の浅いライターの報酬はたいへん低く、時給換算するととんでもなく不利な条件になってしまうこともあります。

一方で、経験豊富で優秀なライターは、効率よく稼いでいるのも事実です。ここでは、ライターとしてスキルアップするための方法について紹介しておきます。


スポンサーリンク


まずは経験を積むこと

f:id:hanagardener:20180728234551j:plain

ライターとして、スキルアップするには、とにかく経験を積むことが必要です。自分はどんなにライティングスキルがあると思っていても、何のキャリアも証明もない初心者ライターには、良い単価の仕事は回ってきません。

しかし、一方で、優秀なライターはどこでも引っ張りだこで、クライアントにとって良い記事を書いてくれるライターはのどから手が出るほど欲しい存在です。

そのため、クラウドソーシングの会社では、それぞれのシステムとして、ライターとしてキャリアアップできる仕組みを整えてくれています。

そこで、優秀なライターとして認められるには、とにかく経験を積むしかありません。最初未経験者として登録したなら、まずはたくさん仕事を受注してみましょう。

仕事をすればするほど、実践的なライティングスキルも身についてきますし、クライアントからの評価を自分のキャリアとして積み上げることができます。



自分のプロフィール画面を丁寧に記述する

クラウドソーシングのサイトでは、自分のプロフィール画面の編集ができます。自分のプロフィールを充実させると、良い仕事を請け負いやすくなります。

クライアントの多くは、仕事に応募してきたライターさんのプロフィールを確認して、採用を決めます。ですから、プロフィール画面をきちんと埋めておくことは、結果的に応募した仕事に採用されやすくなります。



簡単な仕事からハードルを徐々に上げていく

ライター経験がないなら、「未経験者歓迎」「初心者OK」という仕事から挑戦してみましょう。特に自分の得意な分野に関する記事作成のものがやりやすいでしょう。

そして少し慣れて来たら、徐々にハードルの高い仕事にも応募してみます。テストライティングを行っているクライアントもいますので、積極的に受けてみるとよいでしょう。もし、採用されなくても、テストライティングへのフィードバックがもらえれば、自分の足らなかった点を鍛えることができます。



マニュアルのある仕事に挑戦してみる

依頼者によっては、作業を始める前にマニュアルを用意している依頼者もいます。これらのマニュアルは、ライターとしてスキルアップするためのヒントがたくさん書かれています。

記事の段落構成の方法や、読者に好まれる記述方法、タイトルの付け方、キーワードの盛り込み方など、仕事として報酬を受取りながら、これらのライティングスキルを身につけることができます。

依頼者によっては、ていねいなフィードバックをしてくれるところや、ライティングの指導がある会社もありますので、それらの案件に挑戦してみるのもよい方法です。


nomado.hatenadiary.com

nomado.hatenadiary.com

nomado.hatenadiary.com



スポンサーリンク