主婦ノマドのブログ

場所や時間にとらわれない働き方、ブログ運営やアフィリエイト、ライティングテクニックなどなど。

記事を書いているうちに何を書いているのか分からなくなる時の対処法ターゲット読者設定

記事を書いているうちに、だんだんと話の筋がズレてきて、だんだんと何を書いているのか分からなくなる…、記事を書き慣れたブロガーでもこういうことはよくあります。

 

ましてや初心者の場合、いろいろな情報を参照しているうちに、だんだんと書きたいことが増えてきて、記事の内容や論点がブレてしまうことは日常茶飯事かもしれません。私も特にブログを始めた時には、こんなことはしょっちゅうでした。

 

このような悩みを抱えているとき、どんな対策ができるのかを考えてみました。まずは、ターゲット読者の設定です。

 

スポンサーリンク

 

 

話の筋がズレてしまう理由

f:id:hanagardener:20180318180849j:plain

ブログにしてもサイトにしても、良質な記事でなくてはなかなか成果は上がりません。ただ、アフィリエイトで稼ぐための「良質な記事」というのは、決して文学的に優れているとか創造性が高いものではありません。それよりも、むしろ読みやすい記事が好まれるためです。

 

ところが、この読みやすい記事というのも、記事執筆を始めたころはなかなか書けないものなんですよね。

 

いろいろな情報を調べてそれを元にして記事を書くことが多いと思いますが、調べ物をしていくうちに、だんだんと自分が何を書きたいのかわからなくなってしまう、記事の流れが一貫しなくて収集付かなくなる、いったい何が言いたいのかわからない記事に仕上がってしまった…、なんてことはよくある話です。

 

当然ですが書き手が混乱していては、読む方はもっと訳が分からないでしょう。そのため、記事を読み始めても途中で離脱してしまう可能性が高くなります。

 

なぜ、書いているうちに話がブレてきてしまうのか、何が言いたかったのか分からなくなってしまうのか。

 

それには、いろいろな理由があると思いますが、一つに「誰に向かって書いているのか明確でない」という原因があるのではないでしょうか。

 

 

ターゲット読者とは何か?

ネット上に公開する以上、たとえ個人のブログであっても、「読者」がいるわけです。まして、アフィリエイトでユーザー=読者にアクションを起こしてもらおうと思っているならなおさら読者の存在は意識しなくてはいけません。

 

先に述べた「質の良い記事」というのは、読者にとって役に立つものでなくてはならないからです。

 

記事を書く時、想定するターゲット読者のことを専門的には「ペルソナ」といったりします。これはマーケティングの世界でよく使われますが、ブログやサイトアフィリエイトの場合はすなわち読者になります。特に「検索エンジンから流入する読者」のことを考えておけばよいでしょう。

 

検索エンジンから何かを検索してやってくる読者は、何らかの悩みや問題を抱えていてそれを解決するために検索しています。ご自分が何かを検索するときのことを想像してみるとよくわかると思います。

 

記事を書く時にはこれら、想定される読者像をイメージしながら書くことになります。想像力をフルに使って、インターネットの向こう、PCやスマホの前であなたの記事を読んでいる読者とはどのような人物なのかを、想像してみてください。

 

 

ターゲット読者を設定する方法

ターゲット読者(ペルソナ)を設定する際、あまり細かく描く必要はありませんが、最低でも、おおよその年代、性別、家族構成、ライフスタイルなどをイメージするとよいと思います。

 

家族構成としては、既婚なのか未婚なのか、子供の有無、親と同居といったことです。ライフスタイルとは、ざっくりとした職業や夜型/昼型、休日の過ごし方など。

 

これらをキーワード選定する時点で、設定していきます。そもそも、キーワード選定の時点で、いくらかの読者イメージができあがってしまうこともあります。また、慣れないうちは自分の身の回りの誰かを想像しながら書くというのも、やりやすい方法です。

 

自分が狙うキーワードを選定した時点から、そのキーワードで検索してくるユーザー(読者)はどんな悩みを持っているのか、どんなふうに説明して回答(アドバイス)を与えてあげれば満足するのか、というアプローチで記事の構成を練っていきます。

 

私は今あなたに向けてこの記事を書いている

そして、いったん記事を書き始めたら、ひたすら「その人」に向かって書きます。その人の性別や年齢なら、こんな書き方がいいだろう、こう書いた方が分かりやすいだろう、こんな風に説得しよう…、という感じで、「その人」のために、「その人」にちゃんと言いたいことが伝わるように書きます。

 

私自身も今、こうして「誰か」のために記事を書いています。

 

その「誰か」は、アフィリエイトを始めたばかりの初心者か初級者、記事を書く時にいつも悩んでいる人です。記事がうまく書けない、記事を書いているうちに何を書きたいのかわからなくなってしまう、いったん書き上げた記事を読み返したときに一貫性がなくて削除してしまう…、そんな人に向かって書いています。

 

そんな人に少しでも手助けになればいいなあと思いながら、今パソコンに向かっています。

 

書いているうちに話がズレるのは独りよがりの記事

誰かの役に立つ記事というのは、相手のことがはっきりイメージできればできるほど、書きやすくなります。言いたい結論があらかじめ決まっているので、そこへ向けて記事を書くことが容易です。

 

逆に自分のために書いている記事というのは、話の筋がズレてしまったり、話が脱線しやすいものです。こういう記事が悪いわけではありませんが、アフィリエイトとしては成果につながりにくい記事になることは確かでしょう(アドセンスは別)。

 

 

論理的な記事が良質な記事とは限らない

誤解しないでほしいのですが、必ずしも論理的な文章が重要といっているわけではありません。世の中にはいろいろな人がいるので、話の筋道が通っていて論理的に説明されないと納得できないという人もいれば、ごちゃごちゃとした理屈はかえって「面倒でうっとうしい」と考える人もいます。

 

アフィリエイトは読者に何らかの行動を起こしてもらわなくてはいけません。この時の行動とは、クリック、商品購入、サービス利用、会員登録などです。

 

人によって、どんな記事で気持ちが動かされるかというのは、異なります。論理的に説得されたい人だけでなく、共感できる記事に「行動」を起こす、直感的な人もいます。

 

ただ、直感的な文章であっても、論理的な記事であっても、記事の文脈やサイトの構成に「一貫性」がなくては読者の信頼は得られません。趣味のブログでなく、記事を書いてアフィリエイトで稼ぐには、「相手」のことに想像をめぐらし、その人のニーズに合った内容を届ける努力を重ねてみてください。

 

最初から完璧を求めない

これは、このブログの中で何度も言っていることですが、ブログの良いところは、後でいくらでも修正や編集ができることです。たとえ、今は「なんか話の筋がこんがらがってるな、この記事」と思っても、とりあえずアップロードしておけば、いつか振り返ってうまく書き直せるときもくるでしょう。

 

最初から完璧な記事を投稿する必要はありません。私も初期のころに書いたもので、今読めば冷や汗が出るくらいひどい記事もあります(未だにうまく修正できていません、それくらいひどい、笑)。

 

結局、記事をうまく書けるようになるためには、「書く→他人の文章を読む→また書く」という繰り返ししかないのかな、とも思います。どんどん書くうちに、タイピングも早くなりますし、そうすると「稲妻のようにひらめいた記事構成でズバッと一気に書き上げる」日が来るかもしれません…。

 

 

 

スポンサーリンク