ノマドのブログ

場所や時間にとらわれない働き方、ブログ運営やアフィリエイト、ライティングテクニックなどなど。

海外在住でも在宅ワークという働き方がある!クラウドソーシングでウェブライターになる方法

育児で家を空けられない、いまの本業の開いた時間に在宅で仕事をしたい、でも、海外在住だと在宅ワークなんて無理だと思っていませんか?

 

海外在住のみなさん、海外でも在宅ワークはできます! 海外在住でも在宅でできる仕事やバイトをまとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

 

海外在住でも在宅ワークはできる!

  •  海外在住でも働きたい!
  • ひまな時間を有効活用したい!
  • 何か生産性のあることに時間を使いたい!

 

 

海外在住者で暇を持て余している人は多いです。実は私もその一人でした。

 

詳しいプロフィールにも書いていますが、私が住むカナダ、ケベック州はフランス語が公用語のため、フランス語ができなければかなり就職活動は難しいです。

 

しかし、私はフランス語には自信がないし、他に特別なスキルがあるわけでもありません。

 

私にできる仕事としたら、ウェイトレスか、スーパーのレジ打ちしかないのでは・・・、いえっ、ウエイトレスもレジ打ちも立派なお仕事です。接客業が好きな人なら生き生きと活躍できる場所でしょう。

 

でも、私には自信がない・・・。

 

旦那について海外へ移住したものの、仕事もなく(というかしないで)、家の中で家事をして時間をつぶす日々・・・。

 

時間が余って仕方がなくて、千羽鶴を折ったりレース編みでもしようかなと思ったこともあります。私はウツになるのではないかと、旦那も心配していたそうです。

 

そんな私が、生きがいを見つけたのが、「在宅ワーク」でした!

 

日本語しかできなくても在宅ワークなら問題ない!

f:id:hanagardener:20180725192501j:plain

私のコンプレックスは、海外に住んでいながら語学が苦手なことです。語学が堪能なら通訳や翻訳というお仕事もできるのでしょうが、私の場合、そんな特別なスキルも特技もありません。

 

でも在宅ワークなら、語学ができなくも、日本語しかできなくても、できる仕事があっりました。それがライターというお仕事です。

 

クラウドソーシングで見つけたライターの仕事

f:id:hanagardener:20180725192554p:plain

クラウドソーシングって聞いたことありますか?

 

ネット上で広く人材を募集して、オンラインで仕事を発注したり受注したりする働き方のことです。仕事を依頼したい人も、請け負いたい人も、クラウドソーシングのサイトに登録します。そして、お互いの条件に合った仕事を見つけるというシステムです。

 

このクラウドソーシングという方法であれば、海外在住であろうが国内に住んでいようが、ネットさえあればどこででも仕事ができるようになります。

 

クラウドソーシングのサイトで扱っている案件も、ほとんどがデータをあつかうものなので、ネットで仕事を受けてネットで納品することができます。つまり、オフィスに出向いたり、人と顔を合わせる必要もないんです。

 

そして、キャリアとして活かせるようなスキルを持っていない私でも出来た仕事が、ライターの仕事でした。

 

クラウドソーシングで扱っている仕事

クラウドソーシングで扱っている仕事はライターの仕事ばかりではありません。

 

ウェブプログラミング、ホームページ作成、アプリ開発、イラスト作成、ロゴ作成、翻訳、データ入力、ネーミングなど、さまざまな職種があります。これらの技術を持っている人は、海外在住でも自分の特技を活かして在宅で仕事ができます。

 

 

バイト感覚から本業まで

f:id:hanagardener:20180725192638j:plain

在宅ワークといっても、バイト感覚で空き時間に稼ぐ人から、本業としてガッツリ稼ぐ人までいろいろなケースがあります。そんなふうに、働き方を自分で調整できるのも、在宅ワークのいいところです。

 

私のように、ひまを持て余していた人にとっては、在宅で仕事ができるようになってから、生活が充実しました。何より、自分で何かを生産している(稼いでいる)と感じられるのがうれしいです。

 

ちゃんとした本業があって、さらに何かバイトを探している人にもピッタリだと思います。自分のできる範囲で仕事を引き受ければいいし、自分が働きたくないときは、作業しなくてもいいんですから。

 

クラウドソーシングのしくみ

f:id:hanagardener:20180725192720j:plain

とはいっても、ネットで稼ぐというと、「うさんくさい」と思う人もいるでしょう。クラウドソーシングは人の顔が見えませんから、本当に報酬が支払ってもらえるのか不安になるのもわかります。

 

一般的なクラウドソーシングの会社のしくみを説明しておきます。

 

依頼者も受注者も、サービスを利用するにはサイトに登録することが必要です。サイトへの登録は無料でできます。サイトへの登録は、本人確認が必要なサイトが一部ありますが、多くの場合は本人確認の証明書がなくても登録可能です。

 

ただし、登録の際には日本国内の銀行口座が必要になります。報酬振り込みのためです。

 

仕事を受注する場合、自分のやりたい職種で検索して見つけることができます。気になる案件があったら、詳細を確認して仕事に応募します。

 

採用が決まったら、契約を交わします。仕事の依頼者はこの時点で「仮払い」として、契約報酬をクラウドソーシングの会社にいったん入金します。

 

受注者が仕事を完了すると、依頼者がその成果物を検収します。検収でOKとなれば契約は終了となり、クラウドソーシングの会社が預かっていた報酬が受注者に支払われます。このとき、報酬の中から一部が手数料としてクラウドソーシングの会社に支払われます。

 

 

ざっと以上のような流れになります。

 

仕事を請け負う方は、契約が完了するまで一切費用がかかりません。報酬金が支払われるときに、手数料が差し引かれる仕組みになっています。

 

また、報酬は契約が交わされた時点で、第三者であるクラウドソーシングの会社に振り込まれますので、仕事を完了したのに報酬が支払われないといったトラブルも起きません。

 

海外在住でも登録できるクラウドソーシングのサイト

f:id:hanagardener:20180725192749j:plain

海外在住でも登録できるクラウドソーシングのサイトはたくさんあります。自分のやってみたい仕事に合わせて、登録してみてください。どのサイトも無料で登録できますので、全部登録しておいてもOKです。

 

また、後で住所変更できる場合もあるのですが、サイトによっては日本の住所と電話番号を入力しなくてはいけないところもあります。最近は、こういったサイトでも海外の電話番号で登録できるところが増えつつありますので、改善されてくるでしょう。

 

クラウドワークス

クラウドソーシングのサイトとして最大手級です。当然、扱っている案件も登録者の数も多く、いろいろな仕事から自分に合ったものを見つけやすいです。

 ≫日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」

 

Shinobiライティング

文章作成に特化したクラウドソーシングのサイトです。記事作成用の編集エディタで記事を納品していくので、クライアントとのやり取りがなく、スピーディに仕事をこなすことができます。

≫文章書いてお金を稼ぐ!Shinobiライティング

 

Bizseek

比較的新しいクラウドソーシングです。登録には本人確認が必要なので、相手との信頼関係を築きながら仕事をすることができます。

≫手数料業界最安でお得にお仕事【Bizseek】

 

登録は無料、複数登録で自分に合ったサイトを


海外在住でもできる在宅ワークのサイトを紹介しました。このほかにもありますが、あまりに規模が小さいサイトは取り上げていません。

 

ここに紹介しているサイトはすべて無料で登録できるので、いくつか登録して実際に使ってみるとよいでしょう。使っているうちに自分に合ったサイトが絞られてくると思いますよ。

 

 

nomado.hatenadiary.com

 

nomado.hatenadiary.com

 

nomado.hatenadiary.com

 

 

スポンサーリンク