主婦ノマドのブログ

場所や時間にとらわれない働き方、ブログ運営やアフィリエイト、ライティングテクニックなどなど。

はてなブログはアフィリエイト禁止?削除の危険性とそれを回避する方法

はてなブログはアフィリエイト禁止というわけではありません。でも、はてなブログでアフィリエイトをやって削除されたという噂もあったりして、アフィリエイト広告を貼ることの危険性はゼロではないというのが、私の印象です。

私自身は、はてなブログ上でアフィリエイト広告を貼っていますが、今のところ削除されたことはありません。

しかし、これから始める人にとっては、その危険性が気になるのもよく分かります。そこで、自分の体験などからはてなブログでアフィリエイトを行うことの危険性について考えてみました。

 

はてなブログはアフィリエイト禁止ではない

f:id:hanagardener:20200128044713j:plain

はてなブログは、利用者も多いブログサービスですので、これからブログを始めようという人にとってはとても魅力的ですよね。

ただし、アフィリエイト目的でのブログ運営は、ブログサービスによっては禁止されているところもあるので、最初の選び方が肝心です。

 

はてなブログの場合、アフィリエイトは禁止ではありません。私も実際に、自分のはてなブログにアフィリエイト広告を貼っていて、それで削除されたことも警告を受けたこともありません。

ただ、あまりにもアフィリエイト色が強いブログをはてなで作ってしまった場合、削除されてしまったという話も耳にしています。

 

はてなブログで削除される危険性

はてなブログはあくまでも一つのブログサービスですので、その方針は運営部に依存します。現在のところ、アフィリエイトは禁止ではありませんが、あまりにも「アフィリエイトが目的だけのブログ」は削除の危険性がゼロではないようです。

私は自分のはてなブログを削除されたという経験はありませんが、他のアフィリエイターの体験談を読んでいると「はてなであからさまなアフィリエイトをやって削除された」という話もときどきあるようです。

 

はてな運営部は、健全なブログサービスの提供を目指しているので、あまりにもアフィリエイトに偏ったブログは嫌われる傾向にあるようです。

 

また、はてなブログは常にその運営方針が変化する可能性があります。今は、アフィリエイトは禁止されていなくても、将来的にアフィリエイトが全面禁止になる可能性もなくはありません。

 

はてなブログで強制削除されるケース

くり返しになりますが、私自身は自分のはてなブログが削除された経験はないので、断言しにくいんですが、他人の体験談を読んでいると、完全に削除されるというよりも「強制的に非表示にされる」という仕組みになっているようです。

(あくまでも体験談として理解しておいてください。絶対に安全というわけではありません)

 

つまり、はてなブログとして公開された状態では閲覧できませんが、作成者としてログインした状態であれば、非表示にされた記事を確認することはできるようです。

ですから、最悪の場合、このような「強制的な非表示」にあったとしても、記事をそのままコピーして他のブログサービスへ引っ越しすることはできるらしいんですよね。

その点は、いきなり記事が削除されて後から本人でさえ確認ができなくなるアメブロとかと比べると、人間的かなと思います。

 

はてなブログ削除の危険を避ける方法は?

これも、こうすれば絶対に大丈夫という話ではないですが、削除されないための対策として考えられることを書いてみます。

 

1.アフィリエイトだけが目的ならはてなブログはやめよう

ガチガチのアフィエイトブログを作りたいのであれば、はてなブログはやめておきましょう。

ある得意分野でブログを書いていて、自然な文脈でアフィリエイト広告を掲載するのであれば、はてなブログでもOKだと思います(それでもやりすぎには注意)。

 

しかし、最初からアフィリエイト広告をバシバシ貼って稼ぐことが目的である場合、はてなブログという選択はおすすめできません。ワードプレスなどで行いましょう。

 

2.ブログアフィリエイトに関連した法律に注意

ブログで何かを発信するということに関連した法律があります。だれにでも気軽に始めることができるブログ運営ですが、アフィリエイトというビジネスを行う以上、関連した法律の存在を知らなかったという言い訳は通用しません。

著作権や肖像権はもちろん、化粧品や健康食品について書く場合、健康増進法や景品表示法、薬機法などにも注意が必要です。

 (詳しくは以下の記事で)

nomado.hatenadiary.com

 

これらの法律に違反しているとみなされた場合、ブログや記事が通報されることもあります。はてなブログ運営側が無視できない状況と判断すれば、なんらかの処置がとられる可能性があります。

そういう面倒なことになる前に、そのような危険な記事を書かないことが大切です。少し気を付ければいいことなので、きちんと勉強しておきましょう。

 

 3.有料版Pro+独自ドメインで運営しよう

はてなブログには無料版と有料版があります。無料版でもアフィリエイト広告を掲載することは可能ですが、アフィリエイトとして結果が出やすいのは有料版Proの方です。その理由は、有料版Proであれば最も効果が高い場所に自分のアフィリエイト広告を掲載できるためです。

≫はてなブログ湯量版Proの詳細はコチラ

 

また、万が一削除されてしまったときの保険として、独自ドメインで運営するのも良い方法だと思います。

せっかく作ったブログがはてな運営側によって強制的に非表示になったとしても、独自ドメインで運営していればそのままブログ丸ごとワードプレスに引っ越しすることができるためです。

 

独自ドメインではなく、はてなブログで取得できる無料ドメインでブログ運営していた場合、いざ引っ越そうという時にブログのURLが変わってしまい、それまで獲得していた検索エンジンからの評価がゼロになってしまうからです。

 

nomado.hatenadiary.com

  

nomado.hatenadiary.com

 

 

4.バックアップを取っておく

これは、はてなブログに限らず、すべてのブログサービスに関して同じことが言えますが、ブログ記事のバックアップを取っておくことはとても大切です。

そのブログが収益をもたらしているならなおのこと、いつ何が起こってもいいように、バックアップをとって保管しておきましょう。

きちんとバックアップを取っておけば、たとえブログ全体が完全に削除されてしまったとしても、復活することができます。

 

 アドセンス広告であれば削除の危険はありません

はてなブログでアフィリエイトをする場合、Google社のアドセンス広告で稼ぐ方法が一般的です。アドセンスであれば、ユーザーの興味関心に最適な広告を自動的に表示してくれるので、ブログ初心者でも収益化は比較的容易です。

また、アドセンス広告を貼っていて削除されたという話は聞きません。

 

ただし、アドセンス広告にはGoogle側のポリシーがあるので、これに違反した記事はNGということになります。将来的にでもアドセンス広告掲載を考えている人は、以下のような内容は避ける方が無難でしょう。

 

nomado.hatenadiary.com

 

 今回は、はてなブログでアフィリエイトを行う際の危険性について書いてみました。もちろん、今後はてな運営側による規約変更の可能性もあります。

はてなブログを商用利用することを考えている人は、始める前に必ず最新の規約を確認してから始めることをおすすめします。