主婦ノマドのブログ

場所や時間にとらわれない働き方、ブログ運営やアフィリエイト、ライティングテクニックなどなど。

ココナラでライター登録して稼ぐ方法‐1文字1円で出品してみよう!

ウェブライターとして稼ぐ場合、はじめての方はクラウドソーシングを利用することが多いと思います。クラウドソーシングは文章作成に特化されているものもあり、初心者や未経験者にも使いやすいですよね。

しかし、一般的にクラウドソーシングでライターをしていると、どうしても発注者側(クライアント/依頼主)がイニシアティブを握りがちです。

そこで、少しライターとして慣れてきたら、ぜひ試してみてもらいたいのがココナラです。

 

ココナラでライターとして記事作成サービスを出品し、効率的に稼ぐ方法を紹介します。

 

スポンサーリンク

 

 

ココナラって?

f:id:hanagardener:20181006035143p:plain

みなさん、フリマは利用されたことがある方も多いのではないでしょうか。ココナラは「モノを売らないフリマ」をコンセプトに運営しているオンラインサービスです。

通常のフリマのように、「モノ」を売買するのではなく「サービス」を売買します。それにはデータとして納品できるものも含まれており、記事作成代行の他、ロゴ作成、ウェブデザイン、アフィリエイト相談などもあります(もっと他にもたくさんありますので、ぜひ一度のぞいてみてください)。

 

ココナラで扱われているサービスは、記事作成代行だけではないので、ライティング以外に得意なスキルを持っている方は、それをサービスとして提供することができます。

私も数年前から利用していますが、この記事では特に、ライターとして記事作成サービスを出品するときのコツに集中して書いておきます。

 

ココナラと他のクラウドソーシングとの違い

1.自分から報酬条件を提案できる

ライターの目線で見ると、ココナラと他のクラウドソーシングとには大きな違いがあります。まず、仕事の受注者(出品者)がイニシアティブを握れるということです。

ココナラは、無料登録すれば誰でもサービスを出品することができ(もちろん購入も可能です)、出品したサービスの内容を見て、お客さん (他ユーザー)が購入を検討します。要するに、記事作成でサービスを出品するなら、記事単価も納品ペースも自分から提案ができるということです。

 

その他のクラウドソーシングのサイトでは、通常クライアントから文字単価○円(もしくは1記事何円)で依頼されるケースが多いですよね。なかなか、「私はいくらで仕事をしますので、良かったら声をかけてください」とはアピールしづらいものです(不可能ではありません)。

 

ところが、ココナラは自分が出品した条件を見て、その他のユーザーが購入を決めます。当然ながら、サービスの内容に合わないような不当に高い金額ではだれも買ってくれませんし、同じココナラの中で同様のサービスを提供しているライバルと差別化できる方が有利になります。

まあ、そういう難しいことは置いておいて、サービスを出品するのは無料なので、試しに「1文字〇円で記事書きます!」と出品してみることをおすすめします。

 

2.幅広いユーザーがいる

クラウドソーシングなどで記事作成を依頼するクライアントは、だいたいアフィリエイトで稼ぎたい人やサイト運営で生計を立てている人が多いです。中には大企業のメディアもありますが、内容的には同じようなものですよね。

私がココナラを使っていて感じるのは、ココナラにはそれだけでなく幅広い客層(ユーザー)がいるということです。

 

今まで記事作成(文章作成)でココナラで引き受けたお仕事の中には、アフィリエイト用のブログ・サイトコンテンツの作成以外にも、お花屋さんのウェブサイトのトップページに書くメッセージ(長いコピーライティングのようなもの)や、地域の配布物(紙の出版物)のための記事作成などもありました。

 

ブログ記事作成でも、ブログについてまったくの初心者の方もいれば、バリバリにアフィリエイトをやっている方もいました。

とにかく、客層が幅広いので、けっこう楽しいです、笑。

 

これには、デメリットもありまして、中には本当にド素人(言い方が悪くてすみません)のブログアフィリエイト初心者もいて、実際に納品する記事よりもメッセージのやり取りの方が長くなってしまうようなこともありました(その方がやり取りに慣れていないため)。

 

3.出品サービスごとに評価と口コミが付く

ココナラでは、出品サービスごとに購入者からの評価や口コミが書き込まれます。ここで良いレビューが付けば付くほど、利用者が増えます。

これも、サービス出品者側にとってはモチベーションが上がるポイントになっています。自分が良いサービスを提供すればするほど、そのサービスに対する評価が上がり、もっと多くの方に利用してもらえるという仕組みになっています。

 

口コミが付くのは出品サービス単位なので、売れないサービスや良い評価が付かないサービスは、出品を辞めればいいんです。その点、クラウドソーシングではライター個人に評価が付きますので、ここにも少し違いがあります。

 

ココナラへの登録方法

ココナラに登録するのは無料でできます。メールアドレスを入力して送信し、必要事項として、個人情報を入力するだけです。

 

報酬は銀行振り込みとなり、現金で支払われます。出品するのは無料でできますが、実際にお仕事が完了して報酬が支払われるときには、報酬金額からシステム手数料が差し引かれて振り込まれます。ですので、出品するときには、あらかじめ手数料が割り引かれることを意識して価格を付けましょう。

最初の登録時には、銀行口座の情報や、本人確認書類の提出は必要ありません。ですので、とりあえず登録だけしておき、実際に出品して報酬が発生してから振込口座の情報を入力するというのでもOKです。

 

≫ココナラ無料登録はコチラ

 

ココナラでライターとして出品しよう!

f:id:hanagardener:20181006041751j:plain

ココナラでライターとして記事作成を出品している方は他にもたくさんいます。ですので、まずはそれらの人の出品内容を見てみましょう。どんな内容を書けばいいのか研究することができますし、そのあとで、自分の報酬金額を決めるとよいでしょう。

 

実は私は、以前ココナラを使っていて、いったんアカウントを削除し、再度新たにアカウントを作ったことがあります (実は、それを3回くらい繰り返しました)。

その経験からいうと、どんなに低価格で出品しても、最初のうちは購入されにくいです。ココナラではユーザーが購入を決める場合、そのサービスの口コミや評価を参考にすることが多いので(私も自分が購入するときにはそうします)、ある程度レビューが付かないと、購入者が一気に増えるということはありません。

 

ですので、一度出品してみて「ぜんぜん売れないなぁ」なんてこともあります。でも、そうやって放置しておくと、ある日突然購入されたりすることもあります。もちろんサービスの内容と価格が合ってないとダメですが、最初のうちは売れないからといって、ナーバスになったり極端に値下げしたりしなくてもよいのではないかな、と思います。

 まあ、とりあえず出品してみよう。そのうち、だれか買うでしょ。

 

…くらいにリラックスして待つのがおすすめです。

 

ココナラでライターとして出品するときのコツ

f:id:hanagardener:20181006041620j:plain

私はココナラではいろいろなサービスを出品していて、今までライターとして記事作成代行を出品していたこともあります。そのときに、出品のテクニックとして、やってみて良かったと感じたことや、逆に失敗したと思ったこともあったので、それについてまとめておきます。

 

1.価格は手数料を考慮してつける

とても大切なことですが、ライターとして記事作成代行をココナラで出品する場合、価格付けは自分で行います。最初は売れにくいので、自分の希望金額よりもやや低い金額で出品してもよいでしょう。ただし、実際の支払いの段階になると、その金額からシステム手数料が差し引かれることを考慮して価格付けを行うことが大切です。

 

例えば、ココナラでは最低金額500円で出品できます。1文字1円ほしいのであれば、500文字分の記事作成というサービスになりますね。ですので、

500文字記事作成しますー500円

とかって、出品するわけですが、実際に受け取れる手取り金額は500円からココナラ側の手数料25%+税金が差し引かれた、365円になります(…安いよね)。

結局、500文字を365円で書いたことになり、文字単価は0.73円です。

 

ライターの文字単価について

ちなみに、ライターとして仕事をするときにどのくらいの単価が相場なのかピンとこない人もいると思います。けっきょくのところ、クラウドソーシングなどでは、需要と供給のバランスで文字単価が決まっているのが現実です。記事作成の最低賃金というものには特に規制がないためです。

しかし、ランサーズでは、おおよそのライティング報酬単価目安というのが提示されているので、これを参考にしてみるというのも一つの方法ではないでしょうか。

 

f:id:hanagardener:20181007003151p:plain

 

上記がランサーズで公開されている文字単価の相場表です(引用元:https://info.lancers.jp/20101)。

もちろん、高い金額で出品してもお客はつきませんので、いくらか妥協が必要なときもあるでしょう。上の表はあくまで参考として役立ててみてください。

 

2.あとで値上げすることもできる

ココナラは同じ出品サービスでも、あとで価格を変更することが可能です。

ここはちょっとトリッキーな点でもありますが、とにかく、最初は500円で出品しておいて後から1000円に値上げすることもできます。実際にそうやって値段を上げている出品者はいます(ライティングとは限りません)。

 

トリッキーといったのは、購入する側から見ると、出品者が価格を変更してもそれまでの評価やレビューは継続されるためです。ですので、購入する方としては、そのサービスに満足したというレビューが価格変更の前に書かれたものかどうかは不明だということ。

通常レビューって、その価格に対して感じた価値観で書いたりしますよね。ですから、このシステムはこれでいいのかな、とちょっと疑問に思うこともあるわけです。

 

ただし、価格を変更するときはタイミングが大切です。すでにリピート客がついていると、その人たちが再度依頼してきたときにはどうするかということも、決めておかなくてはいけません。

 

3.プロフィールを充実させる

これはココナラに限ったことではありませんが、ライターとしてネットを介して仕事を受ける場合、プロフィールの充実は非常に大切です。だれだって、何者か分からない信頼できない人物には依頼したくありませんよね。

 

自分がこれまでどのようなライティングの仕事にかかわってきたのか、どのくらいの期間ライターをやっているのか、プロフィール画面にしっかり書き込んでおきましょう。プロフィール画像を追加することも効果的です。その画像が出品者としての「顔」となり、画像で覚えてくれるユーザーもいます。

 

ココナラの場合、本人確認を行うかどうかは出品者次第です。本人確認は、運転免許証やパスポートなどの身分証明書を写真にとり、送付することで完了します。本人確認をしたからといって、自分のプロフィールページに本名が公開されるわけではありませんが、「本人確認済み」であることは公開されます。このため、依頼者からしてみると安心感が違います。

私の経験からいっても、実際に本人確認を済ませてからの方が受注件数が増えたような気がしています。また、個人からの発注だけでなくちょっとした企業の方からもお誘いがかかるようになりました。

 

4.ライティングスキルを確認できるようにしておく

ココナラのプロフィール画面には、自分のブログやサイトURLを表示できるようになっています。はてなブログをやっている人なら、ブログのURLを表示しておけば、自分のライティングスキルや文章の雰囲気を示すことができるでしょう。

自分のブログを紐づけなくない人は、別にサンプル記事などを書いておいて、そのページへのリンクを貼っておくのでもOKです。

サンプル記事は無料ブログでそれ専用のブログを作ってもいいですし、Googleドキュメントの共有リンクで閲覧してもらうという方法でもよいと思います。

 

ちなみに、自分のブログにココナラの出品サービスを埋め込んで、そこから集客することも可能です。

 

5.サービスが購入されて完了したら購入者評価を

ココナラでは出品したサービスについて購入者の評価が付くといいました。反対に、出品者(仕事受注者)が購入者(発注者/依頼者)を評価することもできます。

納品が終わりトークルームがクローズされると、お互いに評価を記入することが可能になります。ココナラで稼ぐポイントの一つに良いレビューを獲得することがありますが、購入者によってはレビューや評価を全く行ってくれない人もいます。

 

もちろん、トークルームをクローズするときに「良ければ評価をお願いします」と一言添えればいいのですが、性格的にプッシュしにくいという人もいるでしょう。

そのような場合でも、こちらから積極的に購入者を評価することで、購入者の方でも「あ、評価レビューを書いといてあげなくちゃ」と思い出してくれる人は多いです。購入者評価は、数クリックだけでできますし、文章をタイプする必要もありません(この記事投稿時点)。ですので、サクッと済ませておくことをおすすめします。

 

また、購入者から評価が届いたら、それに返信しておくことも、自分の好感度を上げることにつながります。

 

 

ココナラで効率よく稼ぐためのコツ

ここからは、より効率的に稼ぐためのコツについてお話しします。

ココナラでは、出品しているサービスが購入されると「トークルーム」というものが設定されます。そこで、購入者と1対1でメッセージをやり取りし、サービスの納品までを行います。

まだ購入していないけど、購入を検討している人からはダイレクトメッセージが届くことがあります。主にサービスについての質問や、「こんな条件で、お仕事可能ですか?」といった打診や提案が届きます。

 

この辺のメッセージのやり取りをいかに少なくするかということが、ココナラで効率よく稼ぐことのポイントになります。

 

1.出品サービス内容を作りこむ

そのためには、出品サービスを購入検討者に分かりやすく作りこむことが必要です。サービスを出品するときには(出品後の編集も可能です)、出品サービスの内容、価格以外に、画像を表示させたり、サービスに関するQ&Aを書き込むことができます。

サービスのQ&Aを丁寧に作っておくことで、メッセージによるお問い合わせ件数を減らすことができます。つまり、自分の作業工程(メッセージへの対応)も減らすことができるわけです。

 

f:id:hanagardener:20181006032736p:plain

上の画像は、実際に私が出品している記事作成サービスのQ&Aです。「美容ダイエットジャンルの記事作成」として出品しています。

 

このほかにも、購入検討者から発せられそうな質問は、あらかじめここに書いておきましょう。たとえば、

  • 画像を付けて納品してもらうことは可能ですか?
  • HTMLタグをつけてもらうことは可能ですか?
  • 一度に複数の記事をお願いすることは可能ですか?

のような質問が想像できますね。

 

2.文字数の追加はオプションで選べるようにしておく

ココナラではサービスごとに価格を設定します。ですので、1文字1円で仕事を取りたいなら、「500文字書きます」というサービスを500円で出品することになります。当然、1000文字や2000文字の記事を依頼したい人もいるわけで、そのようなケースには「オプション」を購入者に利用してもらうことができます。

 

このオプションボタンを設定しておけば、「文字数を増やしてお願いしたいんですが、どうすればいいですか」というお問い合わせはこなくなります。

これは、基本のサービスを500円ではなくて「1000円で1000文字記事1本書きます」としても同じことです。

 

おひねり(追加払い)について

ココナラには、仕事の進行中に発生した追加のコストについて、「おひねり(追加払い)」という形で購入者が追加払いをすることが可能です。ですので、文字追加分を「おひねり」で調整することも理論的には可能です。

ただし、ココナラでは、追加払いを前提としたサービスの出品は禁止されていますので、文字数追加はオプションを利用する方がスマートだと思います。

 

3.数本まとめて受注できるサービスを出品しておく

アフィリエイトをやっている人は、常に大量の記事を必要としている場合が多いので、気に入ったらリピートして発注してくれることが多いです。そのため、新規での購入は1本だけの記事作成でも、2回目からはまとめて数本の記事をオーダーしたいという人もいます。

その場合、5本や10本など、まとめて複数記事をワンクリックで注文できるサービスを立ち上げておくと喜ばれます。

 

クラウドソーシングを利用して記事作成を請け負う時も同様ですが、質の良いクライアントをリピーターとして持っておくことが、毎月のライティング収入を安定させるコツになります。ココナラでも同じで、気持ちよく仕事ができるクライアントは、「常連さん」としてキープしておくことが大切です。

 

ココナラ+クラウドソーシングでさらに収入アップ!

f:id:hanagardener:20181006041540j:plain

ライターとしてココナラで出品するときのコツについて、お話ししました。

クラウドソーシングでのライティングは、自分から仕事を取りに行く「攻め」のスタンスですが、ココナラは出品してお客を待つ「守り」のビジネスだといえるかもしれません。

それぞれにメリットとデメリットがあるので、うまく使い分けることで、全体の収入アップが図れるはずです。さらに、そこに自分のブログからの収益を加えれば、副業といってもさまざまな収入源を確保できますね。

 

記事は書けば書くほど上達します。

また、自分のブログ用記事は、独りよがりになることもあります。でも、他人に依頼を受けて記事を書くことを繰り返すと、ライティング力だけでなくコミュニケーション力も付き、いろいろと勉強にもなります。 

ライティングスキルを伸ばすことは、結果的に自分のブログの質も向上させることにつながると思います。

 

何よりもクラウドソーシングでライターをやっていて、「ちょっと飽きてきた」「報酬が上がらなくて嫌になってきた…」という人は、ぜひ一度ココナラを試してみてください。新しい何かが見つかるかもしれません。

  

≫ココナラ無料登録はコチラ

 

 

 

スポンサーリンク