主婦ノマドのブログ

場所や時間にとらわれない働き方、ブログ運営やアフィリエイト、ライティングテクニックなどなど。

文章を書くのが下手ならそれを「売り」にすればいい

はてなブログで収益を上げるためには、どうしても記事を書かなくてはいけません(もちろん、外注することも可能)。ブログやサイトアフィリエイトは記事(テキスト)がメインとなるので、そこは基本的に避けられないわけです。

 

となると、昔から文章を書くのが苦手、下手という人は、この業界で稼ぐことは不可能なのかというと、そうでもありません。

 

文章を書くのに苦手意識を持っている人や、下手なことをコンプレックスに感じているなら、それを逆に自分の「売り」としてブログ運営することもできるのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

 

文章が下手だとはてなブログは無理?

結論から言うと、文章が下手でもブログが書けないわけはありません。私たちは、別に文学作家でもないし、読者はブログにそこまでの創造性や芸術性を求めてはいません。

 

かえって、普通の一般人が書くブログだから説得力があったり、共感できるブログ記事に仕上がるのではないでしょうか。

 

はてなブロガーだって、文章のうまい人ばかりではありません。

 

何をもって「文章がうまい」というかにもよりますが、はてなブロガーで人気がある人の多くは、「有益な情報をわかりやすい文章」で読者に届けることができる人か、「普通の人が読んで共感できる文章」を書ける人だと思います。

 

ブロガーに必要とされるのは、「わかりやすい文章」と「共感できる文章」なんですね。そこが、ネットコミュニケーションの面白いところでもあり、楽しい部分でもあります。

 

 

文章が下手な人は稼げない?

f:id:hanagardener:20180510150124j:plain

そうはいっても、アフィリエイトは「モノ」が売れたり「サービス」が利用されないと、なかなか収入が増えないものです。

 

これは、リアルな世界でも同じことですが、セールス(営業)のうまい人とそうでない人がいますよね。そして、リアルな世界でモノを売る力がある人は、必ずしも「話し上手」な人ではありません。

 

ブロガーだって同じことで、文章が下手でも、その記事で毎月たくさんの商品を売り上げる人もいますし、フォロワーが多い人もいます。

 

文章が下手だからと思って、自分にブログアフィリエイトは無理、と思っているなら、それは大きな勘違いかもしれませんよ。

 

文章が下手なことを「商品」にする

アフィリエイトの世界で売れる商品のジャンルに「コンプレックス商材」というものがあります。例えば、ハゲ、背か低い、異性にモテない、出世できないなどのコンプレックスを抱えている人を対象とした商品(やサービス)は、比較的売りやすいアイテムです。

 

誰だって、自分と同じ悩みを抱えている人の言葉には、耳を傾けるものです。こういうコンプレックスを持っている人ほど、読者にしてみれば「共感できる文章」を書けるのではないでしょうか。

 

だったら、文章が書けない、苦手意識がある、ということを自分の「売り」として、ブログを作ってみてはどうでしょうか。

 

文章が下手、子供のころ読書感想文が書けなくて困った、そんな苦労話から始まって、ライティングスキルを上げるために読んだ本や、セミナー、スキルアップのための方法やコツなどを、自分の経験談として盛り込んだブログを書いてみては?

 

同じように、文章が苦手だという読者には、とても共感できるブログに仕上がると思うんですけどね。

 

ちなみに、どうしても文章を書くのが苦手で、外注ライターさんに頼りたいという人は、以下のサイトを利用すれば低予算で簡単に外注することも可能です。

 

 

≫日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」

 

≫ クラウドソーシング「ランサーズ」

 

≫SEO記事発注が500円から「ココナラ」