ノマドのブログ

場所や時間にとらわれない働き方、ブログ運営やアフィリエイト、ライティングテクニックなどなど。

ブログを更新しなくても収入が安定するのはいつ?

ブログを書いている人の多くは「書くことが好き」なんだと思います。でも、記事を書かなくても収入が入ってくる日が来るなら、それはそれで「ウフフ」な状況ですよね。

 

ブログアフィリエイトは、収益が入る仕組みさえできれば、作業しなくてもお金が稼げるというのが、大きな魅力の一つです。しかし、そのエックスデーは、いつなんでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

 

ブログから収益が発生する日

私が生まれた初めてブログを作ったのは、A8.netが運営するファンブログでしたが、始めて広告収入が発生したのは、ブログを始めて1か月くらいしてからだと思います。その報酬額「1円」!

 

美容エステかなんかのクリック報酬だったんですね。少なくてもクリック報酬でも、報酬は報酬です。たとえ1円でもうれしかったのを覚えています。

 

しかし、いつまでも一日数円程度では食べていけません(笑)。それで、いろいろブログアフィリエイトについて勉強するようになりました。

 

本当に作業を止めても収益は上がるのか

f:id:hanagardener:20171008071949j:plain

ブログアフィリエイトのやり方について書かれている記事、どれを読んでもたいていは、記事を100本書きなさい、できるだけ毎日更新しなさい、収益が上がり始めるまでには時間がかかります、というようなことが書かれています。

 

それで、記事を100本書き終わったあとはどうすればいいのか? そこが書かれているものって、あまりないですよね。というのも、ある程度の記事を投稿したブログの、その後の方向性は、ブログによってかなり差があるからです。

 

収益が上がりやすいものは、100本記事を書かなくても稼ぎ始めます。逆に100本書いても、なかなかお金にならないブログもあります。

 

しかし、本当の本当に記事の更新をストップしても、収益を上げ続けることが可能なのかと聞かれると、答えは「イエス!」になります。ただ、どの時点で更新を止めても大丈夫なのかは、ブログによって異なります。

 

ブログの立ち上げから収益発生までの期間

新しくブログを立ち上げたとき、生まれたてのブログはまだ誰にも知られていません。もちろん、Google先生もその存在を知りません。検索エンジンによって、新規ブログの存在が認識されるまでには、最短でも1週間かかると考えられています。

 

また、新規記事を投稿しても、その記事の存在が検索エンジンにインデックス(認識)されるまでにも、タイムラグがあるといいます。作りたてのブログはコンテンツも貧弱なので、キーワード検索にも引っかかりにくい…。

 

このような性質上、ブログの立ち上げのあと、検索エンジンからの流入が増え広告収益が発生するまでには数か月かかると覚悟しておく方がいいというわけです。

 

ブログが軌道に乗れば更新頻度を落としてみる

ここで大切なのは、ブログが軌道に乗り始める瞬間を見極めることでしょう。安定した広告収入を求めるのであれば、はてなブログなどの読者登録からの集客ではなく、検索エンジンからのアクセス流入で推し量る必要があります。

 

ある日、検索エンジンからの流入が増加してきたら、そのブログの更新頻度を減らしていくという方法があります。いったんリズムに乗ってきたブログは、毎日更新しなくてもその収入水準をキープしてくれることが多いからです。

 

毎日ブログ更新をする必要がなくなったら、その分、他の作業や別ブログを作ることも可能になりますよね。しかし、アクセス解析などで、常にブログの集客状況に目を光らせておくことが大切です。

 

エックスデーはいつ?

ほぼ完全に作業を止めても安定して稼いでくれるのは、ブログ開設から何日目か。これは、ブログによって実にバラバラです。

 

私は複数のブログを運営しています。中には20記事しかないもので放置していても、会アクセスが落ちないブログもあれば、500本記事を書いてそれでも週に1日は更新し続けないとアクセスが減少するブログもあります。

 

また、アクセスがあればそれに比例して広告収入が増加するというものでもありません。

 

しかし、それがブログ運営の楽しさかな、とも思うようになりました。ネットやブログは生き物のようでもあります。ブログにも個性があり、手間がかかるブログもいれば、放置していても成長する「優等生」タイプもいます。

 

最後にまとめとして言えるのは、完全に放置できるブログはないということです。

 

たとえブログ記事の更新を止めても、いくらかのメンテナンスは必要です。溺愛する必要はありませんが、どんなブログも、それなりの愛情を注いであげないと、ダメになってしまうと思うんですよね。

 

スポンサーリンク

 

 

ホームへ戻る

スポンサーリンク