ノマドのブログ

場所や時間にとらわれない働き方、ブログ運営やアフィリエイト、ライティングテクニックなどなど。

ライターからブロガーへ転身してライティングスキルが落ちた件

私は以前ライターをしていて、それからブロガーになった者です。ライター時代は、クラウドソーシングで仕事を請け負っていました。

 

そこからアフィリエイトというものを知り、自分でもブログアフィリエイトを始めたわけですが、その当時から感じていたのが、「ブロガーになってから文章力落ちたよねー」ということ。

 

スポンサーリンク

 

 

ライターからブロガーになって文章力が落ちた理由

 いきなり結論からいうと、ライターからブロガーになってライティングスキルが落ちたのは、ひとえに「読んでくれる人がいなくなった」からです。

 

ライターはクライアントに依頼を受けて記事を書きます。クライアントがその記事をどう使用するかは、その人次第ですが、少なくとも、ライターにとってクライアントは最初の読者でもあります。

 

依頼を受けて書く記事だということで、クライアントの意向に沿ったものが書けているかということの次に、やはりライターとしては「いい記事」を書きたいと思うものです。

 

ですから、たとえSEO対策バリバリの依頼であっても、成果物としての記事は「読み物」としてそれなりのクオリティを目指して書いていました。

 

いい記事とは何なのか?

f:id:hanagardener:20171023072211j:plain

ここで、一つの疑問として「いい記事ってどういうものなんだろう?」と思う人もいるかもしれません。

 

私が考える「いい記事」とは、基本的にだれが読んでも理解しやすい文章で、思わず最後まで一気に読んでしまうような文章です。もちろん、中には専門分野の上級者向けに書いたもあり、案件によっては万人に分かりやすいものではない場合もありますが。

 

例外はあるものの、とにかくそのページを訪れた読者が最後まで読み通してもらわないと、「いい記事」とは言えないと思うんです。

 

読み手がいないと手を抜いてしまう…

f:id:hanagardener:20171016030122j:plain

ところが、実際にそういう記事を書こうと思ったら、それなりに時間も労力もかかるわけです。ライターとしてそれで収入を得ていた時は、1本記事を書けば決まった金額の報酬がもらえるので、多少時間がかかってもいい記事に仕上げようと思っていました。その方が、継続依頼も増えますしね。

 

しかし、いざブロガーとして、クライアントのためでなく自分のために記事を書き始めると、手を抜いても誰にも怒られないので、ついつい、手抜き記事になってしまったというわけなんです。

 

ブログに読者もつかないし…

f:id:hanagardener:20171023072314j:plain

私がブログを始めたときは、はてなブログという素晴らしいブログサービスのことも知らなかったので、ほとんどいきなりワードプレスから始めたんですね。

 

ご存知の通り、ワードプレスには書いても書いてもアクセスが集まらない時期があります。つまり、ブロガーになろうと決めてワードプレスでブログを作ったものの、読者が誰もいない状態に陥ってしまいました…。

 

内容の良し悪しだけでなく、誤字脱字があっても誰も指摘してくれない状況です。

 

そんなわけで、最初に私が作ったブログ記事たちは、なかなかレベルの低いものでした(笑)。今から読み返すと、自分で読んでいても恥ずかしくなるような稚拙なものばかりです。

 

ブログは読者様あってのモノです

f:id:hanagardener:20171015043037j:plain

誰にも読んでもらえない記事というのは、悲しいものです。それを書き続け無ければならない時間は非常にツライ…。ここが、ワードプレスブログに挫折してしまう点なんです。

 

それでも、コツコツ書き続けた人が最後に笑うんだと思います。

 

私はこの業界にどっぶりハマっていますが、スキルと知識と努力、プラス少しの幸運があれば、程度の差はあれ、だれでも成功できるビジネスだというところが気に入っています。

 

ブログアフィリエイトの世界は、性別も学歴も離婚歴も関係ありません。だれにでも成功するチャンスがある商売です。しかも、大きな資金力も必要ありません。ある意味非常に公平な業界だと思います。

 

リアルの社会は「努力した者が必ず報われる」とは限りませんよね。それがきれいごとだということは、子供でも薄々気づいています。しかし、ネットビジネスは、真面目にコツコツ良い記事を書き続けた人が報われる、という世界に近づいているような気がするんですよね。もちろん情報収集のスキルは必要ですが。

 

 

スポンサーリンク

 

 

ホームへ戻る

スポンサーリンク