ノマドのブログ

場所や時間にとらわれない働き方、ブログ運営やアフィリエイト、ライティングテクニックなどなど。

現在生放送中!初心者のためのSSPーデジタルマーケティングにおける役割ー

SSPは、広告自動配信サービスに関連したものです。その仕組みを理解したい人には、おもしろい授業かもしれません。

 

ちなみに、現在私も視聴しています^^

 

日本時間で夜10時までの放送予定です。

 

schoo.jp

 

関連メモ(ほとんど自分用)

この授業をプレゼンしてくれている人、株式会社ジーニーは、Googleアドセンスを安定運用するためのコンサルト会社。

 

SSP=Supply Side Pratform(サプライサイドプラットフォーム);広告配信側

DSP=Demand Side Pratform(デマンドサイドプラットフォーム);広告を入札する側

ADNW=アドネットワーク;リアルタイム広告入札ではない

 

この世界では、ブログに広告(枠)を貼る(提供する)私たちは、「メディア」と呼ばれます。

 

SSPは、DSPもADNWも網羅した広告を配信します。つまり、入札された広告もそうでない広告も含まれるということですね。

 

アドネットワーク(ADNW)は、広告枠(媒体)によって配信する広告を選びます。一方、DSPは、入札によってユーザーにターゲティングされた広告配信が可能になります。

 

RTM=リアルタイム入札、広告配信希望側が、ユーザーの属性や掲載媒体によって入札価格を設定すること。

PMP=プライベートマーケットプライス。通常の広告入札価格よりも少し高価な金額で優先的に広告枠を確保し、広告配信すること。SSPは、このタイプの広告も配信できる。

 

 

 

 

ホームへ戻る

スポンサーリンク