ノマドのブログ

場所や時間にとらわれない働き方、ブログ運営やアフィリエイト、ライティングテクニックなどなど。

自分にライティングスキルがないのに外注ライターを雇ってはダメ

ブログを商売にしている人にとって、記事作成をプロのライターさんに依頼することは収益を増やすためにとても有用な方法です。

 

しかし、たまに勘違いしている人がいるんですが、私は自分にライティングスキルがないのに、むやみやたらと記事を外注するべきではないと考えています。

 

私も、仕事をお願いしている外注ライターさんがいて、今のところ良い関係を保っていると思います。

 

今回は、そんな外注ライターさんに記事を依頼して、はてなブログを運営することについての話。

スポンサーリンク

 

 

記事を外注することのメリット

はてなであれ、別のブログサービスであれ、ブログ運営でメインの作業は記事を書くことです。ブログ運営は記事を書くだけではありませんが、作業時間の大部分を記事作成に取られることは確かですし、そうであるべきだと考えています。

 

そんな、記事作成を他人に代行してもらえたら、かなりの作業時間短縮につながりますよね。そういうわけで、記事作成を外注するブロガーやアフィリエイターは多いです。

 

自分に記事を書くスキルがないから外注する

f:id:hanagardener:20171016030122j:plain

ここで、カン違いすると危険なのは、自分にライティングスキルがないから、プロにお願いしようという発想です。

 

たしかに、クラウドワークスランサーズにはたくさんのライターが登録していて、それなりの報酬を支払えば、記事作成を代行してもらえます。

 

しかし、自分にライティングスキルがないと、上がってきた記事がいいのか悪いのか判断できないし、良くない点を直してブログにアップするという「編集」もできません。

 

中には悪質なライターもいる

f:id:hanagardener:20171012002449j:plain

しかも、残念ながらライターの中には、悪質なライターもいます。

 

契約したまま連絡が取れなくなるのは可愛い方で、質が悪い人になるとコピー記事を平気で納品してくるライターや、こちらの指示したキーワードやブログアイデア、記事作成のためのマニュアルを盗んでしまう人(実は競合アフィリエイター)もいます。

 

そういう悪質なライターにひっかからないためにも、自分がブログ運営者としてライティングも含めたスキルを持ち合わせていることが大切なんです。

 

外注ライターは使いよう

f:id:hanagardener:20171012235756j:plain

とはいえ、やはり記事作成を代行してくれるライターさんはとても助かります。きちんと仕事をしてくれる優秀なライターさんもたくさんいますので、上手に使っていきたいものです。

 

しかし、元ライターの立場から正直に言わせてもらうと、そのクライアントにライティングスキルがあるかないかというのは、少しコミュニケーションすればすぐにわかってしまうことです。ライターさんに適当に書いた記事を納品されないように、最低限のライティングスキルと知識は持ち合わせていたいものです。

 

どうしてもライティングが苦手で、お金ならある、という人は、キーワード選定やライターへの細かな指示まで丸投げできるShinobiライティングなどに依頼するという方法もあります。

 

スポンサーリンク

 

 

ホームへ戻る

スポンサーリンク