ノマドのブログ

場所や時間にとらわれない働き方、ブログ運営やアフィリエイト、ライティングテクニックなどなど。

2018年無料ブログ+アドセンスで稼ぐなら、はてなブログとアレがおすすめ

ブログに好きなことを書いて広告収益を上げるというネットビジネスで、最も使いやすいのはアドセンス広告でしょう。アドセンスを利用してブログ収益を増大したいというとき、魅力的なのは無料で使えるブログサービスです。

 

しかし、無料ブログサービスにはそれぞれ特徴があり、そもそもアドセンス広告が掲載できないサービスもあります。

 

私も無料ブログにアドセンスを貼って、収益を得ていますが、これから新たに無料ブログで稼ぎたいという人のために、おすすめなブログサービスを紹介しておきます。

 

スポンサーリンク

 

 

アドセンスで稼ぐなら、はてなとBlogger

 無料ブログ+アドセンスで稼ごうというとき、私のおすすめは、ずばり、はてなブログかBloggerです。

 

はてなブログは皆さんご存知の通り、はてなが運営しているブログサービスです。ブログはやっていなくても、はてなブックマークは利用しているという人は多いと思います。

 

BloggerはGoogleが運営している無料ブログサービスですが、日本人ブロガーにはまだあまり浸透していません。ですので、知らないという人もいるかもしれませんね。でも、けっこう使えるんですよ。

 

では、具体的に一つずつ特徴を紹介しながら、なぜアドセンスブログにおすすめなのか、説明します。

 

はてなブログとアドセンス

 はてなブログには、無料版と有料版があり、アドセンスの広告アカウントを持っている人であれば、無料ブログにも広告タグを貼ることができます。

 

アドセンスのアカウントをもっていないという人は、申請する必要があります。この申請の際、現在(Bloggerを除く)無料ブログでは審査に通らないので、はてなでアドセンス申請するには、有料版にグレードアップして独自ドメインを取得する必要があります。

 

 

nomado.hatenadiary.com

 

はてなの魅力はなんといっても、アクセスを集めやすいという点です。読者登録のほかに、はてな独自のスター機能があり、はてなブロガー同士のコミュニティが充実しています。また、はてなブックマークがつきやすいのもはてなブログのメリットのひとつです。

 

アドセンスは、ある程度アクセス(PV)に比例して収益が伸びるという性質を持っていますので(絶対ではありません)、少しでもアクセスを集めやすいブログでアドセンスを行うことで、収益化を早めることになります。

 

Bloggerとアドセンス

f:id:hanagardener:20180208033701j:plain

一方、Bloggerは、日本人にまだなじみがないブログサービスでありながら、なかなか優秀な面もあります。私がBloggerを気に入っている理由は、無料でも広告が一切表示されないこと(Googleの検索窓は表示されますが非表示にすることも可能)と、捜査スピードがムチャクチャ速いことです。

 

アフィリエイト自由なのに強制広告なし

Bloggerは無料でありながら、PCとスマホ表示ともに、強制広告が表示されず、アフィリエイトも自由です。他の無料ブログサービスのように、何日か更新されないと広告が表示されてしまう、ということもありません。

 

設定によって、SSL(Https)化も可能で、独自ドメインも使えます(独自ドメインのSSL化は現時点で不可能)。

 

Googleが運営しているだけあって、アドセンスとの相性もいいです。アドセンス申請は基本的に無料ブログではできないことになっていますが、Bloggerでは申請が可能です(ただし、Bloggerでアカウント取得した場合、ほかのブログサービスで作成したブログにアドセンス公告を貼る時には再申請が必要となります)。

 

また、国や地域によっては、Bloggerでブログを開設してから6か月以内はアドセンス公告を掲載できない場合があります。私の時もそうで、それ以前にアドセンスアカウントを取得していても、6か月待つ必要がありました。

 

スピードの速さは特急クラス

Googleはブログの表示速度を重要視していますが、そのGoogleが運営するブログサービスですので、表示速度も操作速度もムチャクチャ速いです。

 

普段はてなブログを書いている人がBloggerを触れば、一瞬目を疑う速さかもしれません。ただし、あとにも述べますが、独自のテンプレートをインストールした場合には、操作速度が落ちることもあります。

 

 

なぜ、日本人ブロガーに不人気なのか

こんなに素晴らしいブログサービスでありながら、どうして、日本人ブロガーには浸透しないのでしょうか。

 

その理由の第一は、Bloggerのデフォルトで配布されているテンプレートが日本語のフォントにあっていないからでしょう。なかなかおしゃれなテンプレートもありますが、それでも日本語で書いていると、行間や文字サイズがしっくりこないことがあります。「かゆいところに手が届かない」感じなんですね、残念ながら。

 

最近は徐々に、Blogger用の無料テンプレートで日本語にマッチしたものも出てきました。でも、それを導入することで表示速度が若干落ちたり、自分でカスタマイズする必要もあります。

 

さらに、はてなや他のブログサービスのように、利用者同士のつながりがないというのもデメリットの一つです。つまり、ワードプレスと同様「ネット上の孤島」状態で、頑張って検索結果で上位表示されないと、アクセスを集められない状況になっています。

 

1アカウントで100個までブログが作れる

Bloggerでブログを作るには、Google(Gメール)アカウントを取得しておく必要があります。アカウント1つにつき、最大100個までブログが作れるそうです。私もさすがにそこまでは量産していませんので、本当かどうかは不明…。

 

また、Bloggerで作ったブログを削除されたという話はあまり聞きませんが、一日に大量のブログ記事を編集した時にはロックがかかる、というような話をどこかで読んだ気がします。ですので、ブログの引っ越しで一気に記事を投稿するときには注意した方がいいかもしれません(あいまいですみません。最新情報はネット検索で調べてください)。

 

いずれにしてもコンテンツ重視のブログ作りを

というわけで、Bloggerは私のお気に入りのブログサービスの一つです。もっと、日本人ブロガーにも広まったらいいのになあと思っています。

 

いずれにしても、やはり最後はコンテンツ作りが大切、ということで締めたいと思います。どんなに優れたブログサービスを利用しても、結局は中身が勝負ということになるですよね。

 

あ、ちなみに、Googleが運営するブログサービスだからSEO的に有利なのではと勘繰る人もいるようですが、そんなことは全くありませんので、期待しないようにしましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

ホームへ戻る

スポンサーリンク