ノマドのブログ

場所や時間にとらわれない働き方、ブログ運営やアフィリエイト、ライティングテクニックなどなど。

ブロガーとアフィリエイターの違いについて真面目に考えてみた

先日、ブロガーとライターはどっちが稼げる?という記事を書きましたが、それに関連して、ふと思ったのがブロガーとアフィリエイターの違いについて。

 

スポンサーリンク

 

 

ブロガーとアフィリエイターの定義

ブロガーもアフィリエイターも、もともとは「Blogger」「Affiliater」であり、それぞれ「ブログをやる人」「アフィリエイトをやる人」という意味になります。

 

英語のBlogは日本語になって「ブログ」と言いますが、名詞として「ブログ」を意味することもあれば、「Blogging」のように動詞として「ブログをやる、書く」と意味でも使います。

 

これに「人/者」を表す「er」が付いたのがブロガーです。つまり、ブログをやる人、各人はすべてブロガーといっても間違いではありません。

 

一方、アフィリエイト(Affiliate)のもともとの意味は、「提携する/協力する」という意味ですが、それが転じて「ブログやサイトなどに広告を貼って収入をえるビジネス」という意味でも用いられています。この「アフィリエイト」というビジネス(商売)をしている人がすべて「アフィリエイター」ということになります。

 

日本のブロガーがアフィリエイターと呼ばれるのをいやがる理由

って、何でしょうか。

 

f:id:hanagardener:20171012002449j:plain

 

いろいろな人のブログを読んでいると、いわゆるプロブロガーと呼ばれる人の中には、アフィリエイターと呼ばれるのを嫌がる方がいるようですね。

 

「プロ」というからには、ブログで収益をあげているということですので、アフィリエイターに間違いありません。

 

想像するに、金稼ぎのためにブログをやっているんじゃない、という思いが強すぎるからなのかもしれません。お金を稼ぐことに夢中になることを、ちょっとあさましいと思う風潮がありますからね。

 

 

アフィリエイター=ブロガーではない

ただ、アフィリエイターと呼ばれる人がすべてブロガーであるとは限りません。先ほども書きましたが、アフィリエイターの定義は「サイトやブログなどを通じて広告収入を得る人」のことです。

 

アフィリエイトで稼ぐ方法は、サイトやブログだけではありません。メールマガジンやアプリで行う方法もあります。

 

ですので、アフィリエイターがみんなブログをやっているかというと、そうとは言い切れないということですね。

 

 

アフィリエイトしないブロガーもいます

逆に、ブロガー=アフィリエイターでもありません。アフィリエイトしないブロガーさんもいます。完全に趣味でブログを書いている人で、広告を一切貼らない人たちのことですね。

 

ただし、広告を貼っていないブログ以外に、アフィリエイト用のブログを持っているブロガーさんもいますので。

 

「ふーん、趣味で書いてるんだ、このブログ」と思って、記事内のリンクをクリックすると、アフィリエイトバリバリのブログやサイト(その運営者が所有する別ブログ)に飛ぶこともあります。そういうアフィリエイトの手法もあるということですね。

 

 

nomado.hatenadiary.com

 

 

スポンサーリンク

 

 

ホームへ戻る

スポンサーリンク