ノマドのブログ

場所や時間にとらわれない働き方、ブログ運営やアフィリエイト、ライティングテクニックなどなど。

ノマドワーカーとかノマド族ってどんな人?どんな働き方?

 ノマドというのは、英語で遊牧民のことを指しています。遊牧民とは、家畜の放牧などをしながら常に移動して生活する人々のことですよね。

 

このノマド(遊牧民)的なライフスタイルで生計を立てる人は、今どき少なくありません。

 

 

f:id:hanagardener:20170704014754j:plain

 

ノマドワーカーとは?

最近は日本でもカフェなんかで、ノートパソコンを開いてカタカタやっている人を見かけることがあると思います。

 

カフェでPC触っている人がみんなノマドだというわけではありませんが、こんな風にインターネットを利用することで場所にとらわれず仕事を行う人のことを「ノマドワーカー」といいます。

 

つまり、特定のオフィスや仕事場でなく、ネット接続があればどこでも仕事ができる人のことです。

 

ノマドワーカーの職種はいろいろ

一口にノマドといっても、その業種は多岐にわたります。例えば、ライター、ウェブデザイナー、イラストレーター、ブロガー、アフィリエイター、その他ネットビジネスなどなど。

 

ノマドは、主にネットを通じて仕事を請け負い、交渉し、成果物を納めます。あるいは、ネット上にビジネスを構築し、そこから収益を上げることを狙っています。

 

私の場合は、ライターであり、ブロガーであり、アフィリエイターです。サイトも作るので、サイトデザインもやりますが、デザイナーという肩書をつけられるほどにスキルがあるわけでもありません。

 

ノマド族へのあこがれ

私は幼いころから、世界旅行や海外移住に興味がありました。旅行をしながら好きなことを書いて食べていけたらいいなあと思っていたんです。つまり、旅行記者ですね。

 

以前なら旅行記者になるためには、出版社に入社して、ライティングの勉強をして、というステップを踏む必要がありました。

 

しかし、現在はインターネットの普及により、その敷居はずいぶん低くなりました。極端な話、だれでもある日突然旅行ライターになることができます。ただし、いくら稼げるかは別として。

 

私はノマドワーカー

私は、自分の興味のあることに関して、複数のブログを運営しています。ときどき、ライターとして他人のために記事を書き、それを販売することもあります。

 

職業を聞かれれば、「ライター」だと言っています。ブログや記事作成は、副業として行っている人も多いと思いますが、私の場合他に何もやっていないので。

 

年に数回海外旅行にも行きますし、旅行に関するブログや記事も書きます。

 

ずーっと旅行しているというわけではありませんが、自分があこがれていたライフスタイルに近い生活をしていると思うので、満足しています。

 

ノマドという自由な働き方

ノマドワーカーとして、場所にとらわれず比較的自由な働き方をしていると、「お気楽な働き方」と見えることもあるようです。

 

しかし、「場所」や「時間」という意味では自由でも、メリットばかりではありません。

 

ノマドワーカーとしてのライフタイルについても、いろいろ書いていきたいなあと思っています。

 

 

スポンサーリンク

 

 

ホームへ戻る

スポンサーリンク