ノマドのブログ

場所や時間にとらわれない働き方、ブログ運営やアフィリエイト、ライティングテクニックなどなど。

クラウドワークスのタスクで時給3000円以上稼ぐことも無理じゃない

在宅ライターなら、登録していない人はいないんじゃないかというくらい有名なクラウドワークスですが、私も時々利用して稼がせてもらっております。

 

クラウドワークスに限らず、クラウドソーシングのライティング案件は、よほどのプロでない限り稼げないという悪い評判もありますね。でも、最近私がよく使っているクラウドワークスのタスク案件で、時給3000円以上稼ぐのも不可能ではないので、その方法を紹介します。

 

 

ライティングで稼ぐなら登録しておくべきサイト

f:id:hanagardener:20180428012031j:plain

在宅でウェブライティングで稼ぎたいなら、登録しておきたいサイトは複数ありますが、まずはやはり最大手級のクラウドワークスでしょう。

 

ここは何をとやかく言わず、無料だから登録だけでもしておきましょう。ネットビジネスやるなら、登録しといて無駄になることはありません。

 

クラウドソーシングとは、とかライティングで稼ぐことの基本については、ここでは書きません。とにかく、クラウドワークスを使って、時給3000円稼ぐ方法をサラッと書いておきます。

 

ライティングにおけるタスクとプロジェクト

クラウドワークスのライティング案件には、大きく分けてプロジェクト形式とタスク形式とがあります。

 

プロジェクト形式は、クライアント(発注者)とワーカー(受注者)が基本1対1でやり取りし、一つのプロジェクト(契約)を完成させて初めて報酬が支払われるというものです。クライアントからの募集、ワーカーが応募、採用可否のやり取りと契約、納品、成果物の研修の後、報酬受取という手順になります。

 

一方のタスク作業は、クライアントが作業を公募して、ワーカーが直接編集画面で記事を書き納品するというシステムです。タスク案件の内容を見たワーカー(ライター)が即記事を書きアップロードして、クライアントによる承認を経て報酬受取という段取りになります。

 

つまり、タスクの方が、プロジェクトよりもよほどスピーディで、シンプルな流れになります。もちろん、タスクはタスクでデメリットもありますが、サクッと記事を書いてできるだけ早く報酬をもらいたいというライターにとってはメリットが大きいです。

 

意外と稼げるタスク作業

f:id:hanagardener:20180428012142j:plain

ただ、このタスク作業で提示されているライティングの仕事って、通常すごく単価が安いんです。数百文字書いて数十円という世界です。まさに内職っぽいですよね。

 

でも、提示されている案件を小まめに見ていると、たまに「おおっ」というくらい好条件なライティング案件もあります。クライアント次第になりますが、高いものであれば文字単価1円というのも、けっこうな頻度で上がっています。

 

しかも、タスク作業というのは、作業開始のボタンをクリックしてから記事を書いて送信するまでの時間に制限があります(1時間)。ですので、案件を選び作業を始めてから1時間以内に記事を完了させて送信しないと、自動的にキャンセルになってしまうんです。

 

これがまた、プレッシャーになって、ある意味タイピングの練習にもなります(笑)。

 

つまり、理論的には、3000文字の案件で文字単価1円の場合、1時間以内に書き上げて納品しなくてはいけないことになり、単純計算で時給3000円となるわけです。

 

まあ、現実的に3000文字を1時間で書き上げることができるかというと、別問題ですが、そういう案件もあるということです。もちろん3000文字以上のものもありますし、常に文字単価1円というわけではありません。クラウドワークスに手数料も取られます。

 

それでも、例えば1500文字程度の案件で記事単価1000円のものがあると、1時間に3本書いて3000円ですね。そういうわけで、時給3000円稼ぐことも可能だよ、という話です。

 

良質なタスク案件をとるための方法

ただし、こういう好条件な案件はみんな大好きなので、とても競争率が高いです。一つの案件に対する募集件数が複数ならまだいいですが、1件だけの募集の場合、公開されてすぐに誰かが作業を開始します。だれかが作業開始ボタンをクリックすると、他のワーカーは募集案件の内容は見えても、作業開始することはできません。

 

ですので、案件が公開されたらできるだけはやく作業開始ボタンを押すことがコツです。でも、だれがいつ好条件なライティングタスクを募集するかなんてわかりませんよね。

 

そのために活用したいのが、クライアントの「フォロー機能」と通知機能です。

 

好条件なライティング案件を募集するクライアントは決まっています。クラウドワークスでは、お気に入りのクライアントをフォローするシステムがありますので、これを使ってフォローしておきましょう。そうすると、そのクライアントが募集を開始した時に、メールもしくはスマホアプリで通知を受け取ることができます。

 

通知を受け取ったらすかさず、その案件をざっと見て(見なくても)、作業開始ボタンを押すことです。

 

稼げる時間帯とタイミング

f:id:hanagardener:20180428012233j:plain

お気に入りクライアントを何人か登録して、通知を受け取るようにしておくと、こういういい条件のタスクが上がってくる時間帯というのもだんだんとわかってきます。

 

それに合わせて、その時間帯は自分のライティングタイムとしてしまうのもよいでしょう。ただし、時給3000円といっても、クライアントに依存していますので、それが5時間、7時間と続くものではありません。

 

タスクでの良い案件が無くなったら、そこでその日は終わりです。もちろん、普通の数十円という案件はたくさんありますが。

 

タスクで作業するときの注意点

タスクに取り組むときに、あらかじめ知っておいてもらいたい点は、たとえその案件の単価がよくても、クライアントに承認されなければ作業した分は無駄になるということです。だいたい非承認になるには何らかの理由があるはずですが。

 

まあ、ブログをやっている人なら、ちゃんと書いた記事なのに承認されなかった場合、自分のブログ記事として使うことも可能です(承認された記事は使っちゃだめですよ)。

 

でも、せっかく報酬のために記事を書くのですから、そのクライアントの要求を満たせるような記事を書くようにしましょう。

 

また、クラウドワークスのタスク案件の中には、「承認率95%以上の人のみ作業可能」というものがあります。これは、それまでに取り組んだタスク作業のうち、95%以上の案件で承認されていない人は、その作業に取り組めないというものです。単価が高いものには、このタイプが多いです。

 

これはまったくタスクをやったことがない人も作業できないので、前もって「初心者歓迎」というタスクをいくつかやって業績を付けてから、挑戦するとよいです。

 

 

ライターとして稼ぐならプロジェクトとタスクを使い分ける

f:id:hanagardener:20180428012322j:plain

在宅ライターで稼ぐ場合、主にプロジェクト形式で仕事をしている人が多いと思います。私も自分が本業ライターの時はそうしていました。プロジェクトの方が業績を積み上げることができるので、本格的にライターとして稼ぐにはプロジェクトで取り組む方がスキルアップになるんです。

 

しかし、上にも書きましたがプロジェクト形式というのは、契約をしてから作業に取り掛かるため、「あ、この案件いいな」と思って応募してから報酬支払までに時間がかかります。応募してから採用が決まるまでの時間を、持て余してしまうわけですね。

 

ですので、効率よく稼ぐライターさんは、プロジェクトとタスクを併用している方が多いのではないかと思います。プロジェクトで応募から契約までの間とか、納品してからクライアントの検収待ちの間などに、サクッとできるタスクは便利なわけで。

 

ブログを始めたばかりの人にも、こういうライティング案件に挑戦してみるのをおすすめします。ブログで稼ぐつもりでも、新規に立ち上げたブログが稼げるようになるまでには、どうしても時間がかかります。たとえ1日10本記事を書いたって、それが誕生したばかりのブログであれば数週間から数か月かかってしまうこともあるわけです。

 

そんな時に、ちょっとしたお小遣い稼ぎのつもりで、サクッとタスクで記事を書いて時給1000円以上もらえたらいいと思いませんか? 

 

>>>日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」に無料登録してみる