ノマドのブログ

場所や時間にとらわれない働き方、ブログ運営やアフィリエイト、ライティングテクニックなどなど。

ノマドという働き方のメリットとデメリット

ノマドワーカ―として働いていると、好きな場所で好きな時に仕事ができる、自由奔放な生き方、というポジティブな印象を持たれることの方が多いように感じます。

 

しかし、実際にはメリットもあれば、デメリットもあります。今回は、そんなお話です。

 

今回、ノマドという働き方について書いていますが、基本的には、フリーランスのノマドという意味で書いています。

 

ノマド族であっても会社に所属している人には、あまり当てはまらない項目もあるかもしれません。ご了承ください。 

 

スポンサーリンク

 

 

ノマドという働き方のメリット

f:id:hanagardener:20170704023216j:plain

1.好きな時間に仕事ができる

ノマドは好きな時間に作業をすることができます。通常の会社のように、何時から何時までという労働時間が決まっていません。

 

自分のライフスタイルに合わせて、例えば細切れに仕事時間を設定することもできます。私も、自宅で作業をするときには、仕事の合間に家事ができるので、とてもハンディです。

 

2.ネット接続があればどこでも仕事ができる

ノマドは、時間と同時に場所にもとらわれません。

 

基本的に仕事の請負や納品は、ネットを通じて行うので、ネット接続さえあればどこでも作業ができるということになります。

 

自宅以外に、図書館、カフェなど、自分の好きな場所で仕事ができます。場所によって集中しやすさが違うので、自分の生産性の高くなる場所を選んで作業をするノマドが多いみたいです。

 

仕事場所にとらわれないということは、住む家を探すときにもメリットが大きいです。

 

ネットがあれば、ド田舎に住んでも仕事ができますし、日本国内に住む必要もありません。たとえ、ノマドの仕事としての収入が少なくても、税金の少ない国に移住することだってできるわけです。

 

3.通勤しなくてよい

これは、かなり大きなメリットのひとつだと思います。

 

上に書いたようにノマドは場所にとらわれない働き方なので、通勤する必要はありません。まれにクライアントの方と直接会って、ミーティングなどをすることもありますが、そういうクライアントを選ぶかどうかも自分次第です。

 

通勤しなくてよいということは、通勤にかかる時間もお金も節約できるということです。どこに住んでいても、不便ということがありません。

 

考えてみれば、たとえ片道15分だとしても、会社員が一生にかける通勤時間というものは、累積すればたいへんな時間になります。

 

ノマドという働き方なら、時間もお金も、通勤に費やす分を他のことに回せますよね。

 

4.人付き合いがシンプル

ノマドはクライアントと直接やりとりするか、自分でネットビジネスを立ち上げるか、というスタイルの人が多いと思います。

 

ですので、リアルの会社にあるような煩わしい人間関係がありません。

 

まあ、これは、ノマドだからというよりも、フリーランスのメリットということになるかもしれませんが。

 

 

 

 

ノマドという働き方のデメリット

1.作業を完成させないと収入にならない

ノマドにもいろいろな職種がありますが、クライアントに依頼されて成果物を納品する場合、作品が出来上がらないと収入にはなりません。

 

たとえば、依頼を受けたものの、途中で病気などの理由で作業を完遂できなかった場合、いくらそこまでに時間と労力をかけていても、収入はゼロです。

 

会社勤めであれば、プロジェクトが完遂しなくても、進行中の契約が締結に至らなくても、会社員には給与が支払われます。フリーランスのノマドは違います。

 

また、ブログやアフィリエイト、その他のネットビジネスの場合だと、構築してしまえば昼寝していても収入が入ってきます。しかし、収入が発生するシステムは作り上げてしまわなくてはなりません。

 

2.仕事とプライベートの境が希薄

これは、ノマドに限らず、会社という組織から外れて独立する道を選んだ人には、共通したデメリットかもしれません。

 

ただ、ノマドはどこでも仕事ができることが、さらに拍車をかけてきます。

 

どこでも作業ができるので、どこにいても仕事が追いかけてきます。自宅で仕事をすると、自宅にいてもリラックスできないと感じることがあると思いますが、それと同じです。

 

極端な話、海外旅行にいっても仕事のことを考えていたりします。ネットがあれば、ブログ収益をついチェックしたくなるものです。

 

このように、仕事とプライベートのオン/オフがなかなかできなくなるのは、デメリットの一つだと思います。

 

3.リアルでの人間関係の幅が狭くなりがち

メリットのところで、煩わしい人間関係が少ないと書きました。これは、裏を返せば、その分人間関係の幅が狭くなることを意味しています。

 

めんどうな人付き合いは必要なくなるものの、最悪の場合一日中パソコンをやっていて、他人と会うこともない日が連続することも。

 

孤独が苦手な人には、ツライかもしれませんね。

 

4.ネットがないと仕事にならない(ことが多い)

ノマドは、ほぼ完全にインターネットに依存しています。もちろん、ライターとして記事執筆などは、文字がタイプできればネット接続なしでも作業をすることは可能です。

 

しかし、記事を納品したり、仕事の依頼を受けたり、クライアントとコミュニケーションしたり、ブログやサイトに記事を投稿したり、自分のサイトをいじったりするには、ネット接続は不可欠です。

 

メリットのところで、場所にとらわれずに仕事ができると書きましたが、それでも人里離れてネット接続がない、あっても非常に遅いところでは、仕事になりません。

 

ノマドになる前に理解しておきたい

以上、ノマドという働き方についてメリット、デメリットを挙げてみました。

 

ノマドに憧れる人もいるかと思いますが、本業として取り組むにはそれなりの覚悟が必要かもしれません。

 

私の場合は、他に選択肢がなかったので、ノマドという働き方を選びました。それに憧れていたという理由もあります。

 

ですが、これからノマドを目指してみたいという人は、自分に向いているかよく検討してから挑戦してほしいなあと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

ホームへ戻る

スポンサーリンク